こんな時には?
CASE1 Windows10アップデート後に、複合機からスキャンしようとするとエラーが表示されて使えない。

Windows10のアップデートにより、設定が変わってしまったことが原因の可能性があります。以下の点を設定してから再度ご確認ください。
  1. パスワード保護共有を無効にする
  2. SMB1.0/CIFSファイル共有のサポート機能を有効にする
CASE2 ミスプリントが多く、無駄な出力コストがかかる。

以下のような方法で、情報漏洩防止強化と印刷コストの削減を同時に実現できます。
  1. 本当に必要なジョブだけを選んで出力できる「留め置き印刷」を利用する
  2. ICカードを利用したプリンタ印刷物の制御ができる「セキュアプリント」を利用する
CASE3 ファックスを送信する際に宛先のミスタッチによる誤送信を防止したい。

誤って相手先を入力してもそのまま送信されないように設定が可能です。
  1. 相手先を繰り返し入力して誤送信を防止する「ファックス番号入力時の確認入力」
  2. 入力した相手先を送信前に表示する「宛先確認ポップアップ」
  3. 同報送信による誤送信を防止する「同報確認ポップアップ」
※ご利用機種によって操作方法や名称が異なります。
修理対応案内
株式会社NPシステム福岡

〒812-0017
福岡市博多区美野島1丁目6番1号
【営業時間】
月~金/9:00~18:30
土/9:00~17:00